#02

今日は音楽を語る日。

初投稿からだいぶ日がたったんですが、やっと投稿です。今回もまだ自己紹介の続きです。

好きなアーティストはたくさんいますが、好きなジャンルとしてはオルタナティヴ・ハードロック・イージーコア・あとは民族楽器とかも好きです。

好きなアーティストは

CHAI・cinema staff・ONE OK ROCK・Fear, and Loathing in Las Vegas・nowisee・BAND-MAID・sumika・go!go!vanillasあたりですね☻

正直言って系統バラバラですけど、どうして好きなのかと聞かれたら「音が楽しいから」と即答します。

それは音作りもですし、コード進行もですし、様々です。

民族楽器が好きなのもそれでかもしれません。私の好きな音楽は、普通に聞き流す音ではないということなんです。

2019年の締めくくりとして今年史上一番の衝撃はボヘミアン・ラプソディーを劇場で見たことかもしれません。最初はあまり人気がなかったんですが、評判が評判を呼び、社会現象にもなった映画です。私は公開が決まってCMかなにかでちらっと告知されていたころに見に行きたいと思っていたんですが、都合がなかなか合わず割と滑り込みな感じで見に行きました。

すごかった。ただそれだけ。あんなに余韻の残る映画を見たのは久々です。

音が楽しいんです、非常に。私の知っていたまるで聞き流していたQueenは、全然違かった。そりゃあ今でも”日本でも”いろんな場面で使われるわ、と思ったわけです。でも同時に王道曲になりすぎていて日常では聞き流していたんです。本人たちの映像ではないのですが、知れてよかったとつくづく思いました。

そう、”日本でも”。これが2020年への個人的な課題です。日本は英語の伝わる人が少ない。体を揺らして音楽を聴くような文化もない。

洋楽ははるか海の向こうの曲。全然入ってこないんです。

みなさんはこの曲をご存じですか?

https://www.youtube.com/watch?v=Pkh8UtuejGw

2019年は、海外ではどこにいってもSeñoritaが流れていました。再生回数もえっぐいです。ラジオもテレビもコピバンも店内のBGMも、すれ違うおじさんの鼻歌も全部これ。でも日本に帰ってきたとき知っている人が周りにいなかったんです…。洋楽好きな人も知らなそうな反応、こんなに再生回数が多いのに。

洋楽は私も幅広く聞く方ではありませんが、Adeleとか、日本にまだない感触が2020年の外国人観光客の増加などに伴って流れてきたらいいなと思います。

2019.12.11 ドラマチックアラスカ/無理無理無理

投稿者: もっちゃん。

音楽、写真、スポーツ(特にハンドボール)が好きです。留学経験があるので国際系も。トビタテ11期。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。